カイロプラクティック 学校

 

)

全国総合カイロプラクターk協議会のロゴ 学校・スクール選びのポイント
カイロプラクティック団体・全国総合カイロプラクター協議会トップページ
全国総合カイロプラクター協議会 カイロプラクティックの歴史
全国総合カイロプラクター協議会 カイロプラクティックとは・・・
全国総合カイロプラクター協議会 民間療法としてのカイロプラクティク
全国総合カイロプラクター協議会 カイロプラクティックの現状
全国総合カイロプラクター協議会 カイロプラクティック全体矯正か部分矯正かの問題
全国総合カイロプラクター協議会 活動・会費および講習会
全国総合カイロプラクター協議会 カイロプラクティックが適さないケース・・・
全国総合カイロプラクター協議会 カイロプラクティックを修得したい方

カイロプラクティック入門やさしく解説・・トップページ

A B CD

最近カイロプラクティック 学校・整体 学校、民間スクール等が東京・大阪はじめ地方都市で数多く開設されてますが、カイロ、整体 癒し・療術等は民間療法なので、専門学校、専門大学等は存在せず、国家資格と違い法的になんら,裏ずけのない民間資格なので、ステータス性を求めるのは難しさがあり、むしろ自分の個性にあったスクールで学び、技術の修得がポイントです。仕事として成立つか、開業できるか就職だけなのか、他業種から苦情は来ない技術なのか、をしっかり見極めるめる事が大切です民間スクールでのマッサージや指圧、あんまと看做される技術を指導するところが全国的にふえてますが、これから学ぼうとしてる方は、あはき法にふれると独立開業はできないと言うことをはっきり認識することは必要です。。そして学校選びについては、宣伝、パンフレットだけでなく広く、できるだけ、口コミ、評判等も確かめるといいでしょう。そして実際に見学時に施術を受けたいものです。


1. 入学前に確認すべきこと。(特にカイロプラクティック・整体・療術・癒し・ 学校・スクールの場合) 
 

全国的に整体・カイロプラクティックの分野では、たくさんの学校、教室などが開設されてきています。盛んになるということは、それはそれで結構ともいえますが、その質・内容において玉石混合になっていることも事実です。最近2〜3年、実力・施術のキャリア不足でスクールを立ち上げるレベルでない者が、安易にカイロスクールなど開設するケースがでてきています。伝統校のコース名、カリキュラム、文章など、勝手に真似して見栄え良いホームページなど作っており一層判別が難しくなっております。検索上位にあっても惑わされないように注意が必要です。

通学に便利だから・・・、授業料が安いから・・・、楽しそうだから・・・、
なども確かに要素のひとつですが、もっとも大切なことはそこの経営者の実力、キャリアと、学校の実績.を重視すべきです。特にカイロの場合経営者が、カイロプラクターとして実力が一流であるのは、当然のことだからです。そうでなければもう論外といえましょう。。施術キャリア不足、技術不足では、しっかりした生徒の養成は難しいことです。実際にはかなり多い。カイロプラクティック技術は身体の最も重要な部分をアジャストするので、かなりの繊細さと正確さが必要とされるのです。
カイロプラクティックは凄い技術ですが教室で基礎理論か
らしっかり学び、実技については、経験ゆたかな一流の域
に達した先生から学ばないと、非常な危険があります。

最近のカイロ・整体スクールでは経験・実力不足で治せない者、未熟の者がカイロスクールを開設してるケースがありますので で注意が必要です)カイロスクール開設者は一流のカイロプラクターであるべきです。。いくらスクールのホームページが上位にあっても内容において経営者の実力キャリアがレベルに達していないところがありますそのスクールの代表者のカイロ技術

の実力を見抜く事が学校選びでは、最重要のこと

なのです。他の条件的な事はさほど重視するべきでありません

体験施術でレベルはわかります一瞬のカイロ矯正だけで改善しない場

合は施術した者のレベルは、相当低いと考えて間違いありません。

体験施術を拒む場合や、揉む、さする、マッサージをするようなら、そこはもうカイロスクールとしては論外といえます。こういうスクールでは、本当のカイロプラクティックは学べません、つまり実態は無届マッサージや癒し療法、民間スポーツトレーナー、整体、美容整体なのにカイロを付属的に科目に加えてるだけのケースやカイロプラクティックスクールを名乗って いても、経営者がカタチだけのカイロ技術しかなくて実際の施術では、信じられない事にカイロ技術だけでは、まったく治せないものがいるという事ですこういうスクールは絶対に避けるべきです。見分けることは確かに大変ですけど見学会を沢山みて回るとおのずから判ってくると思います。DCと呼ばれる人でも、実践では、ほとんど治せない者もいるほどです。
■検索順位についてもこだわらない方がよいとおもいます。・・・・よく勘違いしやすい事ですが検索ページの順位上位だとスクール内容や人気が高いのではと思い勝ちですが、スクール、内容、実績、人気とはまったく関係がないことを認識しておくべきです。むしろ逆の場合もあるので注意。 たくさんのサイトを比べて研究してみる事もいいことです。検索上位の者には嘘の返金保証ビジネスや他校を賎しめて自校に誘導するところがあるのでご注意ください.賎しめられたところ程、良い内容のところがおおいものです。現在の業界不振の元凶となっている。

  • 整体・カイロ学校を選ぶときの心得・・・民間整体学校や民間整体スポーツトレーナースクールがカイロ学校を名乗る場合がある)カイロ養成をうたっているのに講師がキチンとしたカイロはできずにマッサージ・あんま。指圧と見なされる技術を指導するスクールが増えてきてるが、これからカイロプラクティックを学ぼうとする人はしっかりと覚えておくことがあります。これら技術を覚えるとその民間スクール系列のサロン、施術所などで働くことは、できると思いますが、いくら熟練してもその技術で独立開業は出来ないのです。法律違反になるからです。セラピスト、癒し、ほぐし療法、リンパマッサージなども同様です。あんま、マッサージ、指圧などとみなされると、独立開業はできないのです。オステオパシーも同様です、この技術で肩こり腰痛、肘膝手足のしびれなど取る事はできないのです。、なぜならこれらはみな骨のズレから症状がおきるからです。骨のズレをとる技術はカイロプラクティックの専門事項なのです。あはき法というのは、あんま、マッサージ、指圧の方の権利を守る法律であり、民間スクールが発行する資格<セラピスト、ボデイケア、リラクゼイション等も国家資格でないので上記マッサージと看做されるほぐし療法では勝手にこれら技術では開業できないのです、罰っせられます。独立開業して仕事として堂々と行いたい方はこれら国家資格のとれる専門学校(3年制)で正規のライセンスをとる必要があります。。これらの民間スクール(整体、スポーツトレーナースクールで独立開業を強調するスクールは、怪しいので充分注意することです。例外として、カイロプラクティックは、上記あはき法にはふれないので開業できるのですが、しかし残念ながら特に関西では、しっかりした検査法・アジャストメントを指導する本物のところが非常にすくないのです、。メイン科目は整体ほぐし、筋肉操作なのにカイロjを名乗るところがふえています。首をひねったり、背中の2つ3つの骨を同時に膝でついたりの大雑把の技でカイロ教育とすますスクールがおおいのです。見学時に技術の体験すると。技術内容がある程度わかるので体験されるといいです。純粋のカイロに筋肉ほぐしなどはないのです。脊柱骨盤肋骨アジャストだけで全身問題箇所の不調が検査を含めても3〜4分でとれるのが本物のカイロなのです。もちろん筋肉の硬縮も瞬時にとれるのです。オステオパシー整体・アロマ・セラピスト・ストレッチ,その他手技をまぜて学ばないと良い治療ができない等といい、複数の科目をすすめるスクールでは本当のカイロ技術は、修得できないといえます。避けるべきカイロスクールです。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ 専門学校と 表記 をするカイロや整体スク−ルがいくつかある・・・・・カイロも整体はすべて無認 可なのでだまされないように!

■はじめから専門学校と嘘広告をだすスクールは他にもウソをつきます

ので要注意! 。

しかも一つのスクールが4サイトもホームページをつくりヤフー,グーグルなどの検索のいずれも上位にのってるのを見かけた。これはドメインをいくつも使いテキスト表示をすこし変えただけで内容は当然同じな訳です。,検索エンジンを騙してこのようなルール違反をおこなっているスクールは内容も嘘が多く実力がないので気をつける事が必要です。卒業生コメントもなんら裏ずけのない創作が、おおいのでまともに信じない方が賢いといえます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■返金保証という名の実態は没収ビジネス。

 没収ビジネスのスクール カイロスクール業界衰退の元凶となっているスクールである。返金保証をうたうスクールには気をつけること!
これらのスクールには 検索サイト上位にあり目立ちやすくまた広告を大量におこなうものがあるので、これから学ぼうとするおおぜいの方が被害にあい易いのであえて述べます。返金保証を文字どおり信じると大切な時間とお金を無駄にさせられる事があるということです。当協議会にも報告と相談がかなりきています》 

ホームページなどで親切そうに 返金保証を強調して多数の生徒を募集しておきながら、生徒がやめたくて返金を申し出るとなにかと名目をつけて多額の金額 (数万円〜数十万円)を没収するシステムのスクールがある。そのスクールの実態は没収金商法である。リスク無しとうたうところがあり、いかにも全額返金されるように錯覚させられ入学してしまうが、実は一度支払ったら設定した保証期間内でも、まともに返金されない、必ず没収されるのである
悪質さのポイント! ,約1ヶ月位の保証期間をつくってあるが、授業実施の数が少なくで内容・特に実技のレベルの実態が分からないうちに過ぎてしまう。この為に生徒はやめたいと言い出しづらく、(この期間中でも、相当額を没収される仕組み)がその期間に申し出ないと、あとはもう返金に応じない仕組みになっている。親切そうに広告してるだけに悪質さがある。 、
このようなところにかぎって経営者の矯正技術が未熟で実力不足だからこの形をとるのだろうが、カイロプラクターとして一人前でない者《カイロ技術だけでは、まるで治せない者》がカイロプラクティックスクールを運営するだけでも充分に詐欺的であるのに、この巧妙で悪質な手口を加え多くの被害者をつくりだしてる。 経営者は口がうまく他校を誹謗ばかりいうので、これはカイロ・整体 業界全体の信用を落とし、これからカイロプラクティックを学ぼうとする純真な人達の向学の芽をつみとっている。健全なカイロプラクティック業界全体の発展のためにも、問題である。
 授業料全額返金保証とは、授業料以外は、返金しないという事なのです。 (ほんの1,2日通学した場合でも数万円〜数十万円没収される) 

結論■ 
●専門学校と表示するスクール・・・とんでもないウソ広告なので、この広告で生徒募集を狙うスクールは、すべての内容を疑った方が間違いない。
●このようなスクールで生徒・卒業生・在校生のコメントを多数のせているところは、・・・・・やらせ広告と創作の自作自演が多いので
惑わされない事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カイロ現場教育の問題・・・施術院が生徒を集めるケース ■結

論、現場教育のスクールでは、カイロ技術修得は無理といえます。

・カイロ現場教育の方式は生徒に授業料をもらいながら初心者を集め、カイロの本質とちがう 筋肉ほぐしと簡単なマッサージをさせるという 施術院に都合のよい形態であることが多いのです。スクールを名乗る場合がある。

現場教育では正統なカイロプラクティック技術は修

得できない、出来ることは、せいぜいマッサージと簡単な整体だけと

いえる。。これは未熟な指導者が取りたがる方式。・体系的に授業が進行し難いのでカイロプラクティックの本質である正確な検査と矯正技術が身に付かない事はいうまでもありません

勉学途上の学生が実際のお客様の体を検査、矯正などの試験台にしていいわけありません。非常に危険なことで、お客様に大変失礼にあたる事はだれでもわかることですカイロプラクティックは、整体やほぐしとはまるで別物なのです。施術院の現場で学べるものではありません
カイロ教育は純粋に修得すべきであって、現場で、ほぐし療法、マッサージ
など癒し療法と混ぜて修得できるものではないと言う事です。


 業界初などと強調するスクールがありますが、現場教育という形態は昔からあり、お客様が少なく暇なカイロ院経営者が未熟のままカイロスクールと称して生徒募集をするケースですが、指導者本人がカイロ施術家として一人前でないのだから、まともな生徒養成など当然無理であり未熟なカイロだけでは症状改善ならず、、他の整体・マッサージ等の技術をいろいろ混ぜたがる事が特徴ですカイロ技術だけで、いたみ、しびれ、他、身体ほとんどの不調が、一瞬でとれない先生は本物のカイロ指導者とはいえません


10数年前から何度もとりあげてきたことですが・・・又最近全国的にふえています。最近では下記の丸投げケースが加わる事もあります、

特に本物のカイロプラクティック カイロでは未熟な者の正確でない矯正技術では、余計に体調が悪くなることが多いのです。


 科目数のやたら多いところは一つ一つの科目がレベルに達していない事が多い。また、無責任な丸投げなのか、充分たしかめる事が大切です。

実質は現場教育と称して知り合いの施術院に生徒を丸投げする・・・・○○科は××校へ、○○科は××校等とするのだが (××校とは名ばかりで実態は知り合いの個人経営の暇な施術院に過ぎない。これでは丸投げで無責任といえる。・・・○○校と名乗っても実質は個人経営の整体院に過ぎない。とてもカイロ、整体、その他、教育のカタチになっていない。知り合いの施術院に丸投げするだけならいくつでも講座増やせるので科目数が多い所は気をつけるべきである。。生徒は実績あるそれぞれの専門校でキチンと学ぶことが望ましいのはいうまでもない事です


《独立開業》 あはき法に触れれば違法です。

あはき法にふれる技術を主に指導している整体、療術・癒しスクールなどで、独立開業できるように説明するところは特に気をつけること。注意するべき事は、セラピスト・療術師、整体士・ボデイケア・リラクゼイション師養成等と様々の呼称される技術がありますが、どれも民間療法なので、いずれの場合も、その実質・内容がマッサージ、あんま、指圧とみなされる技術では、就職しかできないので、将来の独立開業は無理といえます。カイロスクールをなのっても、純粋のカイロができないところもあるのでホームページの卒業生コメントなどには注意必要。卒業生コメントなどに騙されない事!実力のないところほどコメントに力をいれる傾向がある。チャンとした整体院はかならず国家資格をもっています。もむ、さするを行うのですから!

◎純粋のカイロプラクティックは技術があはき法にふれてませんから、独立開業が可能なのです。

カイロ施術会場での物品販商法・・・カイロ技術を

小額で(2万円〜8万円)で・・・修得できるようなことをいい入会させ、より上級の技術(カイロ)を段階的にすすめ最後は数十万から数百万円ものマットレスやカルシゥムなど健康食品などを大量に買わせられる講習会がある。言葉たくみに入会を勧められ、買わされ、大量の商品をかかえてあとで困ってるケースがふえている。2〜8万の費用と2〜3日で独立できるほどの技術が体得出来る筈も無く、惑わされないようにくれぐれも気をつけたい。商品を大量に購入すると段階的により上級の技術者になれるような錯覚を持たされ易いのですが、技術の修得と商品購入は別に考えた方がよいとおもいます。カイロならカイロの専門校で学ぶのが費用も安くあがり最適と思います。会場の雰囲気や営業員の説得にすぐ乗らずに、小額の出費だからと油断はしないで、よく考えて多くの人と相談して入会は即決しない事が肝要です。


協同組合の名称やNPO法人

・・が母体などという値打ちありげな資格の公的認知・非認可資格の問題

セラピスト・ボデイケア・・リラクレーションリンパマッサージ・整体、カイロなど様々な名称をつけた協同組合がつくられており、それぞれがNPO法人認可とかスクールの母体、組合指定校等として用いて、あたかもスクール自体が厚生労働大臣認可を受けたかのように勘違いさせられるケースがまたふえてきています。
協同組合などがこれら技術名をつけたもので認可をうけた場合でも、公的資格や、資格として公的認知をうけたものでないことを認識するべきです.そうでないと国家資格と非認可のものが紛らわしくなるからです。協同組合設立は、数人の参加があれば、容易につくれるものでありますが、組合本来の目的を逸脱するべきでないのです。NPO法人も同様です、公的資格を発行する団体ではないのです。
とくに、セラピスト、整体、ボデイケア、リラクゼイションリンパマッサージなどにおいては充分注意がひつようです。その実態が問題です。マッサージ、あんま、指圧を国家資格を持たずに行うことは違法行為となっています。組合名称にそれらの技術名をいれても、あんま・マッサージ・指圧とみなされたら上記の民間資格では、営業することはできないのです。上記民間資格者は、あはき法にかからない独特の方法の施術を行う必要があるのです。
これから学ぼうとする方は、スクールの資格の技術内容をよくしらべる事が必要です、特に開業希望の方は、あんま、マッサージ、指圧師さんから苦情のでない技術なのか?を良く確かめることがたいせつです。あはき法でみなされると取り締まりの対象になります。正規の国家資格をとるべきです。


≪内容としては≫
開設して何年 
卒業生がどれくらいいるのか? 開業者がいるのかいないのか? い

れば人数は? どの様なかたちで開業しているのか?講師は(当該校

の卒業生であることが大切、他校で学んだ講師なのか) 就職状況は

どうか? どのくらい活躍しているのか?・・・ この辺が一番大切なとこ

ろです。
 3,4人しか開業していなくても多勢開業というところもあるので

誇大広告にご注意。電話番号など聞いて本当か確かめたいところです。


カイロの技術が未熟な者がスクールを運営してる場合があるので注意!
見分ける方法・・・・この様なスクールは必ず多数の技術をすすめるのが特徴。
カイロプラクティック学校・スクールとして優良なところもあると思いますので、この場合はその経営者の経験年数・施術の実績・技量など確認することが必要となります。特にこの部分は大事です。学校開設者の場合は、最低でも10年以上の施術経験は絶対必要なはずです
カイロ院を1年ほど経営するが、未熟のため、お客がほとんど来ないので生徒募集にまわるなどの、とんでもないことが実際にあります。インターネットで上位にのせ、実績ある学校の内容(コース、カリキュラム他)をまねしたホームページを作り低料金をうりものにするケースですが指導者がカイロの技術不足で実質が出来ていないため、他の技術をまぜて「施術はカイロだけでは、無理で沢山の技術をおこなった法が良い」等と、初心者を説得する場合がある。「カイロスクールはどこでも同じ」などと説明するのだが、とんでもないことですまじめに志しをもってカイロプラクティックに取り組んでいる学校、スクールに大変失礼な話です。
カイロ施術のキャリア不足の人ばかりで指導するカイロ学校、スクール経営などは、とんでもない事。危険が伴います。勿論キチンとした養成など無理といえます。自省を促したいところです。経験ゆたかでカイロの本質をきわめた人が経営してる学校かどうかは、ぜひとも確認する必要があります。カイロ学校選びで最重要な事といえます。スクールの技術内容がカイロプラクティックの本質とはなれているもの、指圧・按摩・マッサージと思える技術をカイロプラクティックと称して指導している事例もふえてきています。

検索エンジンでトップクラスの所にあっても、内容が伴っていないところがあるので注意が必要。「カイロは何処で学んでも同じ!などと説明し「カイロだけでは改善しないから複数の資格技術を修得することが必要」などとすすめるカイロスクールがあるが、これはとんでもない事。カイロ技術に自信のないものがいうにしても、学生にとっても大変失礼な話である。カイロスクールを名乗ったからには、カイロプラクティックに対してもっと襟を正して徹底的に取り組まなければならない。 各校により ポリシー、技術の特色、熟練度実績、さまざまにちがいます。筋肉ほぐしの癒し技術とカイロアジャストメントは、理論も実技もぜんぜん別ものですのでよく識別したいところです。



(この点については、いくら民間療法の学校、スクールであってもカイロプラクティックは人の健康に直接大きな影響を与え、経営者が経験不足の場合はおおきな危険がともなう技術なので、規制の必要があるのではないかという声が各方面からもあがってきている現状ですが、一理あると思います) 経営者の経歴・技術、施術経験など統一検定等の必要性あり。1〜2年程度の施術院経営キャリアしかない未熟な者がスクール経営をするなどとんでもないことです生徒養成などできるはずもないといえます。近所で確かめればスグわかります。
、卒業後の実績、つまり開業、就職状況など、又授業内容等、1日の講義時間数など、カリキュラム通りに実際におこなわれているのか?よく確かめることが大切です。
カイロスクール等の技術の実力、実践度について。・・・・これは、学校見学時などに実際に痛みなどあるところなどを申し出て体験施術をして貰うと、その学校の技術の実際がわかります。入学希望者としては、学校の本当の技術のレベルを確かめたいのです。 カイロスクール・学校は特に指導者の技術力が一番重要です。体験施術を何かと避けるのか?応じてくれるのか?スグ改善するのか、カイロ本質の技術か、(たとえば、道具など用いないでカイロの基本どおり手技だけでキチンと施術できるのか?もむ、擦る、押すなど一時的にらくになる他業種の技術をカイロプラクティックと称してして行っているのか?・・・カイロ技術が未熟だからです。もう、論外の事ですが、実際は多いケースです。よく観察する事!
≪カイロだけではよくならない≫などという。カイロだけで充分痛みなどは取り除けるものです。できない場合は。カイロプラクティックの実力不足とみて間違いないでしょう。
カイロスクール見学会で・・有料施術を行う問題・・・数千円もの高額料金を要求するところは要注意! 時間をかけての施術なら内容は揉んだりほぐしたりの癒し技術がほとんど、したがってその技術は、カイロプラクティックでないといえます。按摩。マッサージとみなされるものでは開業はむずかしい 【あはき法】

カイロのスクールはカイロ技術のみでしかもほんの数分で確実に施術して 結果を出せなければ本物のカイロスクールとはいえないものです。・・・・・カイロ以外の癒し技術を混ぜておこなう事が多い !この様な所はキチンとしたカイロ技術がないと判断して間違いないでしょう。 【重要】
したがって複数科目の受講をすすめるパターン カイロロプラクティックのみで充分お客様の主訴にこたえられなければとてもカイロプラクターとはいえないでしょう。本格的なカイロ施術ならほんの数分で施術終了できるはずです。 未熟な指導者では生徒はかわいそうです。
カイロプラクティック施術時間は、熟練したものなら検査を含めてもても5〜6分もあれば正確に施術することができ、そして改善するものだからです。指導者レベルに達している人なら、無料でも気楽に応じてくれる筈です。筋肉ほぐしなどの民間資格はあはき法にふれたら、いくつ取っても意味のないことです。

つまり整骨院、病院、マッサージ店等のそばでも営業して苦情の出ない技術なのかが、ポイントです。
厚生省認可○○法人指定校○○専門学院等と名称があっても、専門学校,専修学校の資格はなく、非国家資格になんら変わりない為、その技術の内容が、マッサージ・指圧・あんま等であったら、当然、営業していく事は法律的に、不可能なことです。

   
   
2. 希望校が見つかったら、整骨院・リハビリ病院などでその学校・スクールの評判を聞いてみましょう。
  医療機関などに評判を聞いて見ましょう。
ご希望通りの学校内容なのか、すぐにご確認いただけると思います。
  現場の声は正直です。イメージ通りの内容の学校かどうか、よく分かります。
  また卒業生の開業者数が、少なすぎるところは、それだけの技術力・指導力と判断できると思われます。
 

重要
(東京・大阪など大都市に限らず地方でも、やたら、スクールにステータス性を持たせようとするケースの学校・スクール・施術院が増えています)学校名に専門学校、医学専門、、医療、また諸外国カイロプラクティック大学、又は医大等と提携とか日本校とか、姉妹校等、その他厚生大臣や府知事認可の組合認定、財団・社団認定、学校法人、とか称して公的に国等から認可を受けた正式な学校、教育機関かの様に思わせるネーミングが流行っています。ホームページや雑誌広告にも偽りの、専門学校・大学を名乗る悪質なカイロプラクティック・整体スクールが幾つかある。・・・・もう論外な事である。これから学ぼうとする方は充分気をつけていただきたい。国に認可されたカイロ、整体スクールで専門学校、大学は、現在、日本にはひとつもありません。※特に代替医療を名乗るカイロ・整体。癒し等のスクール、学校は要注意です。日本の法律では、民間療法はすべて代替医療に規定されてません
本当の医療資格と違う

また、療術や癒しの養成所等も同様です。財団法人認定とか表

現し公けの資格かの様に混同させるケースもありますが、これ等も、民間療法であり、国家資格と関係ありませんのでご注意。当然のことですが財団法人が勝手に国 家資格をつくれるわけではありませ。
堂々と揉む・擦る・ 押す等を主に仕事として行うなら、やはり其々の本物の専門学校で学ぶべきです。マッサージ鍼灸、専門学校などです。期間も 3年位かかりますが仕方のないことです、近道はありません。

当然ですが,国は現在,療術・整体など民間療法の養成機関はひとつ も認可しててませんNPO法人の認可なども同様で 法的根拠はなく国家資格ではありません。惑わされやすいので注意が必要です。

国家資格のマッサージやあんま施術を行える理由にはなりません
公の養成機関であるかのように、また公の国家資格と勘違いさせるような、紛らわしい表現で生徒募集をおこなうケース療術という資格も現在、日本の国家資格には、ありません。その技術の主 要部分の、揉む、さする、押すを、業として行う場合は、それぞれ、按摩, 、マッサージ、指圧の国家資格免許が必要な事はいうまでもない事です。民間療法なのでいくらステータス性をもたせ様としても無理な事です。

最近代替医療としてカイロ、整体その他癒し系の民間療法のス クールが生徒募集をするケースがふえてます。ご注意ください、法的に民間療法はすべて代替医療ではありません。ご注意ください。例外はありません。学校名にメデカル、医療、医術、ドクターなどをつけてるところは内容を注意したいところです。


外国の××大学・日本校と名乗るケース
日本の法律による、大学ではありません。したがって、日本国内で、監督官庁から認可された大学なのか?正規の日本の国家資格であるかどうかは、官庁等によく確かめればわかることです。最近、カイロプラクティックのスクールなどで世界基準のカリキュラムというキャッチフレーズでの生徒募集が東京・大阪ばかりでなく全国的に目立ち、本格的に医学学習に多くの履修時間をとった設定の学校がふえてます。

医療の雰囲気を強調し高額の業料をとるところは特に気をつける必要があ

る(施術料も同様です、高すぎるところは、要注意。)

特に国際基準の教育を強調するスクールなどがあたか

日本で認可されたかのように大学でもないのに大学を勝手に名乗るケースがある。このような処に限ってカイロプラクティックを医療、または代替医療であるかのように生徒に アピールしているとみうけられる。だから、それらの卒業生たちが医師法など日本の法律を平気で無視して

治療 とか診察・診療・あるいは臨床 とか 治

院、クリニック、医療などと、民間施術では法律で使用

の禁止されている医療専門用語を連発して使用しており医療ムー醸し出し印刷物などにも記載して一般の人が正規の医療、正規の代替医 療なのかと惑わされるケースがふえてきていますが  これはとんでもないことです!!
カイロプラクティックに携わるものはたとえ、どんな高度な医学知識の教育をうけ、医学に詳しくとも、、国内で絶対に、医療行為はしては、ならないし、日本では代替医にも認められていない事をあらためて再認識する必要がある。
カイロ整体に携わるものはすべて平等です。
医師のような仕事をしたい者は正規の医科大学で学ぶべきです。
当然入学試験もむずかしく、もっと多額な学費もかかりますが、しかたのな
いことです。カイロプラクターが 医師に負けないほどの医学知識を
いくら修得しても、日本ではそれを発揮するのは不可能のことと
いえます。病名の診断されたお客さんに対して、その病気を治す目的で
施術や相談・指導する事は強く禁じられてる由縁です。無資格医療行為に
なります。

これは医師でない者は絶対、医師のま

ねをしてはならない!!
ということなのです。偽医

 となります
から、当然医師法で罰せられるところです。


カイロの技術ではなく、医学4300時間を履修する国際基準の本質は、その外国 で開業試験を受ける為の必修条件だけという事です。外国の開業試験の難しさは、かなりのものです。外国のカイロ大学生徒でも合格できない者も沢山いるといわれてます。
日本では卒業してからはカイロ・整体の民間施術者として業をおこなえるだけです。いくら知識があってもカイロプラクターや整体士などが病気に対しての解説や相談、やアドバイス。指導などすると日本では重大な医師法違反になります医療的な雰囲気造りなどナンセンスといえるとおもいます。
カイロプラクティック学士
なども混同しやすいが注意が必要です。日本では認められた国家資格として通用しません医師をはじめ、看護士、柔道整復、鍼灸。按摩、マッサージ、指圧、そのほ、医療関係国家資格者は医療、および医療類似行為、代替医療をおこなえると規定されてますが、カイロプラクティック技術者はそれに含まれません。外国資格のDC、その他の資格も日本では、国家資格と認められていませんしたがって日本では公的資格ではないので普通の民間施術ができるだけです。
その学校のカイロプラクティックに対して内容・カリキュラム等が充実して実用的で優れたものなら、それを学んで実力のある施術家になれることができれば、それだけで充分だとおもいます。
卒業後の実際は・・・来院者・施術をうける人の一番の関心は、その先生が本当に脊柱骨盤を矯正できるのかどうか、上手なのか下手なのか、体に合った技術かどうか、・・のはず。 ほとんどの来院お客様は、どこで学んだ先生なのか?
ステイタスはどうなのかなどは、全然重要視していないのが、現実です。卒業後仕事をしていく為の必要な知識と技術をどれだけ学んでいくかをよくかんがえたいものです。実践的な技術をいかに身につけたたかが卒業後大きく影響してきます。のカイロ整体を職業にしていくものは医療のことをいくら学んでも、医療行為は絶対にしてはならないという現実を、決して忘れてはいけません。日本ではカイロは医療類似行為でも、医療代替療法でもありません。
医療行為とは、医学知識を学び過ぎると、つい仕勝ですが、患者に対し自分のもってる知識により病気を治す為の指導、アドバイスをすることも、立派な医師法違反となるので気をつけたいところです。なお、治す、治療の表現も使いがちなので特に気をつけたい。むろんカイロ整体を行う者のこの言葉の使用は、法的に禁止されています。
もともと国家資格でないのですから、どんなにステイタスの様なものを求めても無理なことです。カイロプラクティック・整体は優れた技術の修得がすべてと考えて間違いありません。そんなステイタスの様なものでカイロ施術できるものでは、ありません!このことは、大事な学校選びのポイントになっています。
学校卒業後、仕事についてからは・・技術と人間性・・が来院者に最も評価されることがほとんどです。


●カイロプラクター、カイロドクター、東洋的な手技療法士、整体師、療

術士などの称号は残念ながら全て民間資格です。最近流行っている

セラピスト、ボデイケア、リフレクソロジー、一部の心理療法士、捻る技

術や、筋肉ほぐし”等も国家資格と混同しやすいが同様です。各スクー

ル等で勝手にネーミングした名称であって公的に通用しないものが殆

んどです。カイロ以外は殆んど癒しの民間療法とおもわれます。あはき

法により按摩・マッサージ・指圧などとみなされると独立開業はむずか

しいのはいうまでもありません。

○○財団法人認定資格”等とあってもカイロ

プラクティック・整体・療術などの公的医療資格ではありません。他の業種の資格であったり(職業とならないものが多い)、任意団体の資格であったりします。療術なども実質あはき法に触れる技術(揉む、さする、指圧)では、開業 はむりです。療術を公的資格の様に言う所は特に注意がひつようです。財団法人が国家資格を作れる訳ありません。
カイロ・○〇協会、〇〇会指定校などと記載してあっても会員がいるのか居ないのか、構成は何人なのか確かめたいところです。新設の学校、スクール等が卒業生もほとんど居ないのに各々勝手に見かけだけで名乗っているケースもあります。惑わされない様にご注意。

数日間で取得できる諸外国旅行での認定資格。・・・これ等も同様です。あんま、マッサージ、指圧などの場合、たとえその資格がその国で公式なものであっても、日本では、開業資格とならないという事です。日本では、通用しません。日本での上記の資格は、各々の学校で,2〜3年しっかり学ばないと取得出来ない国家ライセンスです。<参考>1週間程度の旅行研修で取得してきた、外国マッサージ資格で日本でマッサージ業を営むと法律で罰せられます

   
 
日本においては、この学士号が、正規の医療の国家資格と、なるわけでありませんので学士号をもらった方も、矯正技術の練磨が最重要であることに変わり無い事は言うまでもありません。カイロプラクターは、優しく小さな力で正確に脊柱・骨盤の検査と矯正がキチンとできるようになる事、が大切なことです。
  このページのトップへ戻る↑
3. 公の学校風のムード強調し過ぎ?学科・実技どちらが重要・授業について
   カイロプラクティックは民間療法なので、技術の修得がキチンとできるのかが一番の目的です。どの学校を卒業しても技術が身につかなければ卒業証書はなんの役にもたちません。カイロの施術家として、社会で通用しません。ですからカイロプラクター養成には当然、学科よりも実技のカリキュラムの充実度が重要です。 学生の矯正技術の修得は繊細なコツと感触を磨く事を最優先していくべきと思います。手の形、感触がいい加減だと、いい加減な施術しかできません。。
 カイロプラクティック技術は本来繊細な面があり、何度も繰り返し練習しないと、なかなか修得できないのは事実です。カリキュラムをよく調べる事が肝要。からだの表面から正確に骨の一部分に接触して矯正していく訳ですから、さまざまな接触の手の形・姿勢・患者に体重が掛かってないか、入力の方向はどうか、小さな力でしているか?、ズレの形がキチンとイメージできたか?効果があったのか?適切で 繊細な指導をしてくれるのかどうか?がポイントです。大雑把に二つ以上の 関節をボキボキいわしたり捻ったりは、いけません。カイロプラクティック矯正の本質・目的は、骨を元の位置に戻して神経の流れを回復することですから。目的外の骨に負担をかけないで正確に行うべきです。この難しい技術をわかりやすくシンプルに指導して重要な部分を生徒がしっかり体得し易い授業を行ってくれるのがよいスクールと思います。
   難しい技術を難しげに指導するのではなく、難しい技術を簡単な言葉でわかりやすく正確に!・・・・のシンプル・イズ・ザ・ベストの指導が望ましい。
   
4. 学ぶ期間を問題に、し過ぎていないか?学ぶ技術内容がどうか
  1週間を通してあまりにも講座数が少ない場合は、必然的似1年も2年も掛かることがある。集中して学ぶ短期間教育をとるところに内容充実度、と履修時間で大きく劣ることがあります。大切なことは実質の時間数を調べることと、(極端な例では月1回の授業で1年コースの場合非常に内容薄いということです)。カイロプラクティックの本質の技術である正しい検査法と正確なアジャストメント(矯正技術)が身につくかどうかを見極めるということです。。 揉んだり、さすったり、押したり、ほぐしたりというのを長期間学んでもカイロプラクティック技術ではありませんそれは、。カイロプラクター養成ではなく、按摩・マッサージ・指圧の技術であることが多いのでお気をつけ下さい。当然堂々と独立できる者でありません。そして、しかし 解剖・生理学などの基礎医学修得は、無論大切な事です、卒業後も業に携わっていく場合は、一生勉強が続くと思っていいとおもいます。実際の施術に携わってくる様になると自然とこれ等の知識がもっと関心深くなり学ぶ意欲がより湧いてくるのが普通ですので、独学でも楽しく身に付いていくと思われます。学校校在学中は、どちらかというと技術取得に全力を注いだ方が効率よいとおもいます。なぜなら医学知識は、書物からでも学べますがカイロプラクティック技術は熟練したよい指導者がそばに必要だからです。
   
5. 近い将来、カイロプラクティックが法制化されるなどと、説明をしていないか?
   何十年も前から同じことが言われ続けていますが、現在でも見込みは全くありません。近い将来公的資格になるようなことを強調して高い授業料を取る学校があります。お金儲け学校と思われますのでお気を付け下さい。現況ではカイロプラクティックに公的な資格を求めても不可能です。基礎医学を○○時間以上学ばないと、とか又、長い期間だけが資格をとれ自由出席や短期修業の場合は、資格を取り消される等という学校は特にお気を付け下さい!もともと無認可の民間資格なので短期で学んでも4〜5年学んでもその点では全く同じ事です。
   
6.

実技の内容とカリキュラムがしっかりしているか?



  カイロプラクティックの本質(実技)を重視した内容か?
   例えばSOT、トムソン、AKキネシオロジーなどはカイロプラクティック全体で見れば枝葉の一部分の技術。です。これらだけを行なうのはカイロプラクティック教育、カイロプラクター養成とは言えません。各部分の一つ、一つのリスティング(変位の方向)に応じたきめこまかい正確なアジャストメントが一番大切な基本です。 ここを充分正確に実技練習・訓練することが、カイロプラクティック教育の最重要ポイントです。繊細で正確な検査方法が前提となるのは、無論のことです。大雑把な検査では、おおざっぱな施術しかできません。正しいサブラクセイション(関節の変位)を特定をする感触をつかむ為には、充分の反復練習ときめ細かい指導が必要となります。
カイロプラクティックの実技に関するカリキュラムの内容が充実しているかが重要です。 実践的でない無認可民間資格をたくさん取得して卒業しても意味がありません

   
7. 履修時間と授業料(ステップ式)などのついて
  〔短時間(20〜30時間)で数資格〕・・・カイロプラクティック・整体・学校・スクールなどにおいて・・・
授業料があまりにも低額の場合・・・ステップ式制が多く、総額で高額となるケース。
  ステップ制とは・・・段階式に授業料が掛かる方式です。
例)初級コース・中級コース・プロコース等となっており、初級コースだけだと履修時間が少なすぎて(20〜30時間が多い)内容が薄いため開業などに結びつかず次段階のコースに進まざるを得なくなり、したがって高額となるケースが目立つ。

 普通、カイロプラクティック・整体などの学校・スクールで独自に発行する資格などは最終段階(プロコースとよく表現)で出ることが多いが、たまに第1段階(初級コース)で取得できる時もある。但し、民間療法なのでキチンと施術できることが大切な事なのでそれらの資格に値打を求めても意味のないことです。カイロプラクティックの学校・スクールにおいて 授業時間が少なすぎる場合の実力が伴わない資格では(複数資格をもらっても)実用性(プロとしての開業)に問題があるといえます。
 1資格を10時間前後で修得できるわけがありません。その分野のほんの一部分を学ぶに過ぎないと思います。
カリキュラムや時間割をよく確かめることが大切です。



 DC資格も日本では法的に特別に扱われない民間施術者に過ぎま

せん、もちろん医療行為、病気に対してのアドバイスなど日本の法律で一切禁止しされてます 。外国大学を卒業してDC資格を持ってる方ても技術が下手ならお客様はきてくれません。骨格矯正は結構繊細なコツがいるのでDCでも上手とはかぎりません。これから学ぼうとする方は学校説明時にDC講師の実力を確かめる必要があります、これが一番大事な事です。。大雑把で身体にきつい施術を行う講師は要注意です。・・・・・下手から上手は生まれない・・・この業種のシビアな格言です・・・
また 講師陣の経歴などを大げさにパンフレットなどに掲載しているところが目立つ・・・ 全員の講師がアメリカのカイロプラクティック大学解剖学修了などと記載してあり、見た人はいかにも長年学んできた講師かと勘違いするが、その実態は1日か2日、5〜6時間、ツアーの中での見学研修のみであることが多い。凄い講師陣ばかりだと勘違いして入学する人も結構多いはずである。 注意!混同しやすい表現ですが、 修了(2日・3日)と卒業(4年〜5年)とは内容は全然異なるものです。
民間療法なので必要以上の医学知識を学ぶことよりしっかり練習し正しく脊柱骨盤を矯正できることが現在の状況に適していることはいうまでもなく一番大切なポイントとなります。、( これからも同様とおもいます)
   
8. あはき法(あんま・まッッサージ・針・指圧・灸師の法律)に触れない技術か?
・開業できる技術か?
・諸外国でのマッサージなどの取得ケースについて
   カイロプラクティック・整体・療術等の場合、その技術で開業できるのか?あはき法に触れてないのか、またみなされないかをよく確認する事です(揉む、さする、指圧する、捻る等)は殆ど法に触れるので注意が必要です。最近、諸外国でのマッサージ・指圧等のライセンス取得ツアー(10時間〜20時間)などが流行しているようですが、これなども日本では開業できる免許とはなりませんのでご注意下さい。
 医療技術やマッサージ他の国家資格技術を無認可スクールでも教えること・学ぶことについては法に触れませんが、しかし、その技術で独立開業する時は、違法行為となります。マッサージを行うには、日本のマッサージ免許・指圧を行うには指圧免許・あんまを行うにはあんま免許が当然必要な事は言うまでもありません。
   
9. “お金儲け主義”の学校・スクールが結構存在します。
 
  • 法外な授業料、入学金などをとる。
  • 入学すると強制的に、高価なビデオテープ、高価な骨模型、又、カルシウム、健康食品、マットレス等を大量に、などを購入させるところがある。(入学前に必ず確かめる事が必要です)
  • 卒業してからも半永久的に年会費を納めさせるところがある・・・協会、・・・師会、・・・振興協同組合等 例)年2万〜4万円(年会費を納めないと・・認定を取り消す・・・などという葉書が届く)
   
10. 就職と独立開業の現状 … カイロプラクティックついては独立開業できる職種
   カイロプラクティック、整体・東洋療術などの卒業生が病院、整骨院、医療機関に就職した場合やはり医療免許者にくらべ待遇面(特に給料など)では、残念ながら大幅に評価が低いのが現実です。しかしカイロプラクティックに関しては技術そのものが他業種にない独特の理論と優れた特性を持っています。多くの人々の根本的で快適な・健康維持に役立っているとおもいます。ですから社会に貢献し、自己表現も充分出来るのはやはり独立開業の道が一番適していると言えましょう。

※年齢が若い為に就職を目指している方も、将来の独立開業を視野に入れて学んだ方がよろしいかと思います。もちろん独立開業できる技術であることが大切です。正しいカイロプラクティックは、力をあまり使わないので女性でも出来、また一生涯携われる技術です。

  カイロプラクティックは−−独立開業できる業種です−− ただし、おおざっぱな検査と、大雑把な関節緩めのようなアジャストの技術では、真のカイロプラクティック技術とはいえません。カイロの本質は、一つの骨の各部分に方向性をもって繊細で正確な検査を行い正しい矯正方向を見つけて、その方向への小さな力のアジャストメントでなければなりません。充分な練習と理論が必要となります。
 
正統のカイロプラクティック技術なら堂々と開業できますが・・・・・・、
あはき法(あんま・マッサージ・指圧) に触れる技術では、就職は、できても独立開業は違法となりムズカシイ!!
(スグ苦情が入ります。・・・あはき法関連より)
 

カイロプラクティック・整体 学校・スクールの普及は大阪・東京は勿論、関西では大阪府だけでなく兵庫県 京都 奈良県 和歌山県 滋賀県などでも盛んです


 
 
 
全国総合カイロプラクター協議会
全国総合カイロプラクター協議会のカイロプラクティック学校・スクール選びのポイント解説


copyrightAJCA 2003 ALLRights Reserved